ロトで1000万円を手に入れる方法

申し遅れました。

ロト6講座サポート室室長の久保田と申します。

ロト6講座サポート室は、「LOTO JAPAN」シリーズ15万部以上の売り上げ実績を誇り、ロト6の神様と呼ばれている渡邉高伸のサポートをしています。
渡邉高伸の15万部を売り上げた攻略本



さらに雑誌の取材も受けています。


さらに、さらに一般新聞(東京新聞)のトップに掲載こともあります





渡辺 高伸

勤めていた会社で、アメリカの「ロト本」の日本語訳を依頼されたことを
きっかけにロトの魅力にハマる。その後、アメリカのロト確率論を学ぶ。

日本で1999年から始まったミニロト、2000年から始まった
ロト6のデータを集めて解析を始める。

その予想法の的中率の高さが話題になり週刊誌やマスコミなどで
取り上げられロト6の神様と称されると同時に日本一の
ロト攻略者の座を揺ぎ無いものにしている。




私は今でこそ渡邊高伸の右腕として活動をしていますが、渡邊と知り合う前はパチンコや競馬、競艇と言った様々なギャンブルにお金を費やし、ギャンブルで一攫千金を夢見るサラリーマンでした。


しかし、当然のようにその夢は打ち砕かれ、ギャンブルにハマればハマるほど赤字だけが膨らんでいく典型的な負けギャンブラーになってしまったのです。


そして、もっと当選率の高いギャンブルはないかと模索していく中で、渡邊の存在を知り、自分の人生を変えてくれたロト6と出会ったのです。


それ以来、ロトの魅力にハマり、今では、ロト6講座サポート室の室長を任されています。


ロト6講座サポート室は、ロト6の勝率を十倍アップする方法を販売しているのですが、購入者の方々から、日々色々なメールが送られてきます。


中でも多いのが、「数千万円を確実に手にする方法はないのか」といった質問で、ロト6サポート室が過去に行った「年間でいくら欲しいですか?」というアンケートでは、実に63%もの方が1000万円と回答していました。



このアンケートがきっかけで、ロトを当てる方法について書かれた書籍などを探したのですが、意外にも1000万円を当てることに特化した方法というものは一つもありませんでした。


そこで私は、頂いた要望や1000万円を当てる方法がない事を渡邊に話し、ぜひロトで1000万円を手に入れる方法を作って欲しいと依頼したのです。


あるわけねぇだろバカ野郎!
そんなのあったら俺が知りてぇよ!



これが渡邊の第一声でした(笑)

その後、何回も渡邊にアプローチをかけ、遂に渡邊が長年隠し持っていた秘蔵の確率論を聞きだすことに成功したのです。


その方法こそが、今からお話をする「おつりdeロト1000万円当せん法」です。


おつりdeロト1000万円当せん法とは・・・貧乏のままでいいならクリックしないでください。

タグ:ミニロト
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。